ヤフオクでバイクを売るメリットとデメリット

ヤフオクでバイクを売ることにおけるメリットとデメリット

 

最近はヤフオクや楽天などのネットオークションを利用してバイクを売却するケースが増えています。

 

ネットを利用すれば全国からバイクを買いたい人が検索するため、マイナーなバイクでも欲しい人が見つかりやすく、家にいながら気軽に利用できるので利用者も多いです。

 

手軽な印象のネットオークションですが、メリット以外にもデメリットがあることも意識することが大切です。

 

今回はヤフオクを中心としたネットオークションでバイクを売るときに考えられるメリットとデメリットをまとめてみました。

 

■オークションでバイクを売る場合のメリット

買取業者よりも高く売れることが多い

オークションでは、自分の希望価格を提示できます。値段設定によっては高く買い取ってくれる買取業者よりも高く売ることができます。
オークションの利用手数料を差し引いても、買取業者を通すよりも高額で売れる可能性があります。

 

■オークションでバイクを売る場合のデメリット

出品作業に手間がかかる

オークションは購入する方は検索して入札することくらいの手間で大丈夫ですが、出品となると手間がけっこうかかります。
オークションに出品するために写真を撮影して掲載したり、説明文を記入したりといった手間があります。入札してもらうためにはバイクの詳細や状態を細かく載せておくことが大切なので、意外と大変です。
またバイクが入札されて売れることになっても、配送手配や名義変更相談など面倒です。知識がないとトラブルの原因にもなります。

 

トラブル/クレーム(実物到着後や名義変更など)

オークションは写真を載せての判断が一般的になるため実車が届いた時に落札者が思う物と違ってトラブルになる場合があります。
またバイクの名義変更をしないままですと、自分のところに自動車税の請求がきてしまいます。
ネットオークションは基本的に見ず知らずの人との売買なので、こういったトラブルのリスクも高くなるので注意が必要です。

 

なかなか売れない

オークションのメリットの反面になるのですが、自分で設定した金額が高すぎると返って全然売れないという現象がおこります。
時間をかけてじっくり売る姿勢があればいいのですが、置く場所がないなど早く売りたい場合には注意が必要かもしれません。

 

まとめ

ヤフオクをはじめとしたオークションでは自分で値段設定もでき、高い金額で売ることもできるのでいい売り方だと思います。

 

ただオークション作業の手間・トラブル・値段によってはすぐ売れないというのがあることは覚えておきましょう。

 

オークションのときに質問されたときにも答えられるほどのある程度の知識はあった方がいいと思うので、バイクに乗っているだけで整備も自分で何もしないような感じの方はオークションはあまりおすすめしません。

 

バイクに関する知識があまり詳しくない方はトラブルなく高価買取してくれるバイク王のようなバイク買取業者に売るのがおすすめです。