車検切れ バイクの売却 査定マイナス

車検切れのバイクの売却について。査定マイナスはいかほどか?

 

バイクの売却を考えているときに、あなたのバイクが車検切れになっていたら、車検を自身で通してから売った方が良いのか、それとも車検切れの状態のまま売った方が良いのか、どちらがお得なのか考えますね。今回は車検切れのバイクの売却方法について説明していきたいと思います。

 

車検費用について

 

まず、車検で掛かってくる費用ですが、バイク販売店に頼むと最低でも4〜5万円程は掛かってきます。
それでもバイク売却時の査定額に響くのが怖くてやむなしと思いがちですが、実は車検を自身で通さずにそのまま売却した方がお得な事が多いです。
お店自体が車検を通そうとする場合、車検点検費や工賃などの請求がもちろん無いので、通常個人で車検に出すよりも掛かる費用が少ないです。

 

ちなみに車検切れの場合の査定額のマイナスがどのくらいになるかと言うと、車検がフルに残っている場合に2〜3万円のプラスくらいです。
もちろんお店やバイクの状態など他の要因によっても変動するのであくまでも目安ですが、この金額を考えれば、車検が残っていないという事は気にしなくて良いと思います。

 

つまり、査定額がマイナスになったとしても、個人で車検を通そうとする際に発生する費用の方が大きくなり、結果車検をせずにそのまま売却した方がお得になります。

 

また、買い取りしたバイクを売るお店側に立って考えると、すぐに買い手がつけば良いのですが、売れ残れば残るほど車検期間が短くなってしまうので、どちらかというと車検が切れたままにしておき、買い手がついたらフルに車検を2年つけた方が良かったりもします。

 

まとめ

 

バイクを売却する際は、もちろん車検が残っているに越したことは無いのですが、車検が切れているからといってわざわざ車検を通す必要は無いと思います。

 

個人間での売買の場合は、相手の手間を考えると車検をあらかじめ通しておいた方が喜ばれると思うので、その際は車検を通してから売ってあげた方が親切かと思います。
もちろんその際に掛かった費用が請求して良いと思いますので、お互い気持ちよく売買できるようにしましょう。