メーター交換しているバイクでも売ることは可能?

メーター交換しているバイクでも売ることは可能なのか?

 

バイクを売る際、買い取り価格に最も大きな影響を及ぼすと言われているのが走行距離です。

 

一般的に3万kmの走行距離を超えたバイクは査定額をかなり下げられる可能性が高いです。

 

しかし、その走行距離を表示しているメーターを交換していた場合はどうなるのでしょうか。オドメーターを交換したバイクを売る時の注意点を説明していきます。

 

メーター交換していても売れる。交換前の事も話そう

 

オドメーターを交換している場合、「購入した段階で既に購入されていた」や「事故や故障による交換」など様々な事情があったと思います。

 

結論から言うと、そういったバイクを売ろうとする場合は査定するスタッフに正直にその内容を伝えるべきです。

 

査定スタッフはもちろんそのバイクがどのように使われてきて、走ってきたかを常に見続けてきたわけではありません。しかし、査定する側もプロなので、もしメーター交換を隠して売ろうとしても大体見抜かれてしまいます。

 

メーターの数値を見なくとも、初年度登録からの経過年数やバイクの状態(キズ・サビ・消耗度合い)からどのくらいそのバイクが使われてきたかの判断材料はたくさんあります。

 

逆に隠すとスタッフも不信感を抱いてきます。そうなってくると査定額云々ではなく、根本的に買い取りすらして貰えないという事だってあります。

 

確かにオドメーターを交換しているバイクは査定額が低くなることが多いです。

 

しかしこれは走行距離というより、交換するほどの事故があった可能性の高いので、バイクのその他部分の状態を見て判断されていたりもします。

 

もしメーター交換したことがわかる証明書や、交換前の走行距離がわかるものがあれば、しっかり提出し、正直に状態を説明すれば、きっちりと査定をして貰えます。

 

バイクに関わらずですが、売買は人と人が関わる以上、お互いに信頼関係が無いといけません。少しでも金額を上げようと嘘をついても、それがバレてしまってその信頼関係が無くなると取引自体が無くなる恐れもあります。

 

良い査定額を得たいのであれば、売る側も誠実な態度で臨むことが大切です。

 

まとめ

 

メーターを交換しているバイクでも売ることは可能です。

 

所有している最中に交換した場合は、交換する前の距離数や交換した理由(カスタム・事故など)を伝えるようにしましょう。