125cc以下の原付バイクの廃車費用と手続き

125cc以下の原付バイクの廃車費用と必要な書類・手続き

 

125cc以下の原付バイクを廃車する際は、ナンバープレートを管轄する市区町村役所にて廃車手続きを行った後、解体業者などに依頼してバイクを解体してもらう必要があります。

 

ちなみに、名義変更や今までと異なる市区町村への引っ越しの際も、同様の手続きが必要となります。
※この場合は手続き上の廃車なので、勿論実際に解体は行いません。

 

原付バイク廃車手続き方法

 

このクラスのバイクを廃車する手続き方法ですが、まずナンバープレートを自身でバイクから取り外し、それを持って管轄の市区町村役所にて手続きをしていきます。
ナンバープレートの返納と同時に必要書類の提出を行い、廃車証を受け取ります。

 

手続きに必要なものは、標識交付証明書(紛失していても手続き可能)、印鑑(シャチハタ可)で、この他に、役所にある廃車申告書に必要事項を記入し提出します。

 

あとは、自身で解体業者とやり取りし、解体を依頼したら手続き完了です。
この時、まだ自賠責保険の有効期限が残っている場合は、もちろん保険料が戻ってくるので、廃車を考えているときは早めに行動するようにしましょう。

 

ちなみに、解体せずにただバイクの一時使用停止をしたいだけの場合は、手続き後に貰える廃車証が再登録時に必要になります。
また、知人にバイクを譲る際にもこの廃車証は必要となってきますので、必ず大切に保管しておくようにしてください。

 

ちなみにこの廃車証を紛失した場合も廃車申請を行った場所で再発行は可能です。
その際、紛失理由や車体番号の拓本を求めてくることもあるので、事前に確認しておくことをお勧めします。

 

最後に、今回紹介した125cc以下の原付、バイクの廃車に掛かる費用ですが、このクラスは「無料」となります。
もちろん解体費用は別途発生しますが、手続きの中で費用は発生しないので、上記で説明した自賠責保険や税金の事を考えるとバイクの廃車を決めたらすぐに手続きを行っていきましょう。