バイク屋にバイクを売る場合のメリットとデメリット

 

バイクを売ると言ったらやっぱり地元のバイク屋さんに売るという方法が身近で馴染みがある方も多いのではないでしょうか。

 

顔なじみで良心的なサービスをしてくれたり、バイク乗り換えで下取り依頼をすれば、相場よりも高い査定を出してくれる場合もありますので、近所につきあいのあるバイク屋さんがある場合には一度査定を受けてみるといいかもしれません。

 

今回はバイク屋さんで売る場合に考えられるメリットとデメリットについて説明したいと思います。

 

■バイク屋さんにバイクを売る場合のメリット

 

馴染のお店だと高く買取してくれる場合がある。

今乗っているバイクの購入したお店だったり、日頃よりメンテナンスをお願いしているお店だったりする場合、顔馴染ということで少し高く査定を出してくれる場合もあります。この金額だったら売りたくないとしっかり言い切れば値段交渉にも応じてくれると思います。

 

下取りの場合、代車の用意不要

今のバイクを下取りに出して新しくバイクを購入する場合、次のバイクが納車されるまで今のバイクに乗り続けることができるので代車を用意不要です。
また買取と購入の手続きを同時にできるのでスムーズに売買することができます。

 

名義変更などの手続きが不要

名義変更などの面倒な手続きはバイク屋さんに任せることができるので安心です。

 

 

■バイク屋さんに売ることのデメリット

売却額が安い

バイク屋さんは買い取ったバイクを店舗で販売するのが基本になってくるため、買い取ったバイクを在庫として長期間抱えるリスクがあります。
なので、個人売買やネットオークションよりは安く買取になる傾向があります。

 

バイクを高く売りたい人にはあまりオススメできません。

 

まとめ

 

近所のバイク屋に昔から付き合いがあるのなら何かと買取についても頑張ってくれるので査定に出してみるのもいいと思います。

 

ただ下取りでない場合はバイク屋さんは一般的に買取額が低くなる傾向にあるようなので、提示された金額は低めの可能性もあるということを覚えておきましょう。

 

最近ではインターネットで買取査定ができて、愛車の買取額も調べることができるのでまずそちらを調べてからバイク屋さんに査定をお願いするのが一番ベストではないかと思います。