バイク転倒における査定マイナスはひどい?

 

バイクは車と比較しても自損事故を起こしてしまう可能性が高く、その事故内容の多くは転倒です。
転倒歴があるバイクを査定に出す際、以下の内容に注意しましょう。

 

転倒した場合、まず外装に傷が付きます。しかしバイクの外装の傷は車に比べて修理しやすく、軽度であれば板金修理などで対応出来ますし、大きく凹んでしまった場合は部品交換で対処出来ます。
バイクの外装部品はネットオークションや中古パーツ店は勿論、新品で購入しても車ほど費用は掛かりません。メインフレームやフロントフォークに歪みや損傷が無ければ、傷ついた部品を修理や交換で綺麗にしてあげれば、転倒歴自体、プロの査定スタッフにも気づかれない事もあります。

 

バイクは部品をばらして組み立て直すのが容易な為、転倒車であっても人気車種であれフレームに大きな損傷があっても高額査定が出る可能性もあります。
ビッグスクーターやアメリカンなど、スピードを出す事やコーナーを速く走ることを求められていないバイクは転倒歴によるダメージがある程度フレームに及んでいたとしても査定が付く可能性が高いです。

 

逆にネイキッドやレーサーレプリカタイプは、フレームの状態をシビアにチェックされてしまう傾向があります。このような車種は、社外品にはなりますが転倒時にフレームを保護してくれるスライサーなどの部品が販売されているので、事前にケアしておくと良いと思います。

 

まとめ

 

車の事故車と違い、バイクは事故車だからといって全く買い取り価格が付かないケースは少ないです。
転倒歴があるバイクだからといって諦めずに、買い取り業者に査定をお願いしてみるといいと思います!!