バイクを売るときには修理は必要ない 修理をすると損する

バイクを売るときには修理は必要ない!修理をすると返って損する。

 

バイクを売却する時に、自分のバイクに傷や破損があると、買取査定額に影響が出てしまうのではと不安になりますよね。

 

少しでも高く売るために査定に出す前に修理をしておけば良い査定になるのではと考えてしまいがちではありませんか?

 

しかし結論から言ってしまうと、わざわざ修理する必要はありません。

 

確かに修理をすれば買取査定額はアップすると思いますが、修理をした結果プラスされるのは所詮数千円くらいしか上がらないので、自身で払った修理代(工賃や部品代)を考えると損する事が多いです。

 

つまり多少壊れているところがあって少し査定額が下がったとしても、そのまま何もせずに売却した方がお得になることが多いです。

 

そもそもバイクの買取業者は自社の修理工場を持っているので、少々の傷などは自社で安く修理することが出来るので傷やへこみなどがあってもそこまで大きく査定額が落ちる事は少ないようです。

 

部品をかってきっちり直すというよりかは、しっかり洗車をして綺麗な状態にしておけば、それなりの価格で買い取ってもらえることと思います。

 

ちなみに、バイクを自身でカスタムしている場合は、ノーマルの状態に戻しておくこと方がいいです。
なぜならバイクはノーマルに近い程、高額の査定が出る事が多いからです。

 

カスタムをしている場合、そのカスタム内容によってどうしても個人の好みが出てきます。その施したカスタムが確かに好きな人には良いのかもしれませんが、ノーマルに比べるとそのバイクが欲しいという需要が減ってしまいます。そうなると売れる確率が減ってしまうので、カスタムしたバイクは査定が下がってしまいやすいです。

 

もしノーマルパーツが残っている場合は、出来るだけ元に戻しておくとよりいいかなと思います。

 

カスタムパーツはヤフオクなどで売るなどすると、その利益も出ますし、バイク自体の査定額も上がり良い事尽くしですね。