バイク車検の費用相場【絶対にかかる最低限費用はいくら?】

 

バイクは250ccの排気量を超える場合、2年に1度車検が必要になります。

 

車検で余計に費用が掛かることから250ccクラスまでのバイクに乗っている人もおり、実際これからバイクを購入しようとしている人も車検は気にしている点だと思います。

 

ではバイクの車検は実際にどのくらい費用が掛かるものなのでしょうか。

 

まず、車検で最低限掛かる費用についてですが、結論から言うと約2万円前後です。

 

2万円の内訳は車検更新諸経費(書類+印紙・ナンバープレートなど)+自賠責保険料2年
⇒⇒車検に通す際の整備をしない。または自分でするというユーザー車検の費用がこのくらいです。

 

250cc以下のバイクも結局自賠責保険料(24カ月)で13,640円は費用として必要になるので、その差額を考えると車検費用自体はそこまで高くないのではないでしょうか。

 

バイク屋などの業者に車検を依頼をした場合は整備代や手数料が発生するので高額になってしまいますが、自分自身でバイクを陸運局まで持っていき、ユーザー車検を行えば上記の通り最低限の費用で車検を通すことが可能です。

 

ちなみにバイク屋に車検を依頼した場合は、業者・整備の内容によって費用が変わってきます。上記の最低限掛かる費用にプラスして追加の車検費用が発生します。とりあえず車検だけ通せれば良いという方は諸費用2万円と基本料2万円(ユーザー車検でかかる費用)で計4万円くらいかかります。エンジンオイルやオイルフィルター、ブレーキフルードなど最低限の消耗品交換が入ると合計約5〜7万円くらい必要と考えればいいでしょう。

 

勿論、寿命を迎えたタイヤやバッテリーなどの消耗品や、ライトなどの保安部品の欠品を補う費用は必要な場合さらなる別途費用が発生します。

 

まとめ

 

バイクの車検は自分で陸運局へ持っていけば250cc超えしている大型バイクであってもそこまで多額の費用が掛かることはありません。

 

  • 自分自身で持っていくユーザー車検費用目安としては2万〜3万円程度。
  •  

  • バイク屋さんなどで車検代行を頼むと4万〜5万円程度。

    ※交換部品が増えればさらに費用は大きくなる。

 

自分で陸運局にバイクを持っていく時間があったり、簡単な整備くらいならできるという感じであればユーザー車検もいいと思います。

 

整備について自信がない方、バイク車検に対して時間があまりかけれない方は素直にバイク屋さんに頼むのがおすすめです。