バイク下取りに必要な書類について

 

バイクをいざ下取りに出す際、どういった手続きが必要になるのか。
今回は下取りの手続きに必要な書類について説明していきます。

 

下取り時に必要なもの

 

まず下取りの必要となるものは、「自賠責保険証」、「認印」、「委任状」、「譲渡証」、「住民票」、そしてバイクの種類によってあるその他登録書類を事前に準備しておかなくてはいけません。

 

業者によっては、契約書や同意書、印鑑証明、実印、免許証のコピーなどを求められることもあります。

 

バイクを下取りに出す際、売るために必要な書類、新たに購入する際に必要な書類に分類されています。

 

バイクの売却のみであれば登録関係書類と認印があれば、それ以外は業者が全て準備してくれますが、バイク購入時には、バイクの名義変更する必要があるので、登録者の住民票が必要になります。(125cc以下のバイクは住民票不要)

 

また、バイクを下取りに出す際は排気量により必要書類が異なります。

 

共通なのは認印と委任状、自賠責保険書ですが、それにプラスして125cc以下の原付バイクの場合は、標識交付証明書または廃車証明書、125cc〜250ccまでのバイクの場合は、軽自動車届出済証または軽自動車届出済証返納済確認書と軽自動車届出済返納証明書、250cc超えのバイクは、自動車検査証または自動車検査証返納証明書が必要になります。

 

まとめ

 

少し難しい説明になりましたが、バイクの名義変更や登録に関しては車と比べると比較的簡単です。

 

手続きは基本、認印でほぼ全て出来るので、必要書類の作成は業者が代行することも出来ます。なので業者は下取りや買い取りを行う際も事前に書類の案内を行わないことが多いです。

 

勿論、業者によってその対応方法は異なります。

 

販売店やチェーン店などは、しっかりした手続きを求めてくることが多いですし、逆にそうで無い場合は比較的柔軟に対応してくれます。

 

独自のルールを設けている業者もあるので、下取りをする際は、事前にどのような書類が必要なのかを業者に確認するようにしましょう!