正しいバイクの洗車 洗車の注意点

正しいバイクの洗車方法〜洗車において2つの気を付ける事とは?〜

 

皆さんは購入したバイクをしっかり洗車していますか?

 

洗車をすることは汚れを落とすだけでなく、部品の脱落や愛車の点検もできて非常に大切です。
洗車もメンテナンスの一環として定期的に実施することが大切ですね!

 

ただバイクは車と違い非常にデリケートです。
正しい方法で洗車しないとせっかくの愛車にダメージを与えて寿命を縮めてしまうかもしれません。

 

今回はバイクを洗車する中で注意しておきたい2つの点を紹介したいと思います。

 

○洗う時はまず上からやさしく水を掛ける

洗車をするときはまず濡らすところからということで水をドバドバかける人がたまにいますが要注意です。

 

バイクはそもそも水にあまり強くありません。高圧の水でガンガンバイクを洗ってしまうと洗車部分によっては故障の原因となってしまいます。

 

確かに洗車をする上でバイクを水で濡らしてあげる必要がありますが、その際は雨で濡れるような自然な感覚でシャワーノズルを使用して水圧を掛けずにバイクの上から濡らしてあげましょう。

 

※バイクの横からバケツやシャワーなどでバシャとかけたりなんかしないようにしましょう。

 

バイクを運転する際を考えて頂くと、バイクは直進のみしか出来ない乗り物なので風圧の関係上、基本前方からしか雨の影響を受けません。

 

つまり洗車の際も、水を掛ける角度を付けたいときは前方から、そして上方から掛けることを心掛けてください。

 

○乾燥をしっかり

これ以外にできていない方が多いです。

 

バイクはとても錆に弱いです。洗車後は適度な拭き上げを行い、そしてしっかり時間を掛けて乾燥してあげる必要があります。

 

よってバイクの洗車を行う際は晴れの日に行うと良いでしょう。

 

 

 

洗車方法にはケミカルを使ってしっかり磨いたり、水とシャンプーだけで実施などやり方に好みなど色々あるかとは思いますが、「水は前方からまたは上から」「乾燥させる(濡らしたら拭く)」この2点を最低限注意しておけば良いでしょう。

 

洗車の基本としては、水を掛けた後カーシャンプーや中性洗剤で磨き上げ、再度水掛け。
最後に吹き上げて洗車完了という車の洗車と同様の流れが一般的です。

 

しっかりメンテナンスをしてあげて愛車を大切に乗っていきましょう!!