バイクのオイル交換の適切なタイミングはいつなのか?

 

バイクの定期的メンテナンスの中でもオイル交換のタイミングについて悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

整備士さんが言う交換タイミング・ネットに書いてある情報の交換タイミング・メーカーが推奨する交換タイミングいずれも異なります。またバイクの種類や現時点での走行距離、乗る頻度などによってオイル交換のタイミングは異なってきます。

 

ケースバイケースになる部分はありますが、一般的な交換サイクルの目安を知っておく事は大切なので今回オイル交換の一般的なタイミング時期をまとめたので参考にしてみてください。

 

一般的なオイル交換タイミングの推奨は3000km

 

まず、メーカーなどでは一般的にどのバイクでもたいがい走行距離3000キロメートルでオイル交換をする事が推奨されています。

 

レースのように高回転維持して走るようなバイクでなければ、基本的には3000キロを超えることなく3000キロ以内でオイル交換をし続けていけば基本的に問題はないでしょう。

 

新車やオーバーホールしたバイクのオイル交換タイミングは1000km

 

ちなみに、新品のバイクやエンジンをオーバーホイールしたばかりのバイクの場合は、ギアのかみ合わせが甘いため、馴染むまでは金属粉が多く出てしまいます。
この金属粉がオイルに多く含まれてしまうとエンジンにとって良くないので、走行距離1000キロメートルでオイル交換をする事がオススメです。

 

3000kmに満たなくても半年に1回はオイル交換する方がいい

 

距離の他に目安となるのが半年に1回というオイル交換の目安です。
3000kmにこだわる人は多くてもこの期間については気にしていない方が意外と多いような気がします。

 

オイルはバイクの中に入れると経年劣化します。半年も経てば本来の潤滑性能が下がっていると考えていいと思います。
オイルを1年交換しなくても乗れないことはありませんが、エンジンにとってはあまりよくないです。

 

とくに走行距離が多いバイク3万キロを超えているようなバイクならなおさら1年で交換ではなく半年で交換する方がいいと思います。

 

3000kmに走行距離がいっていない場合でも時期を見てオイル交換をした方が良いでしょう。

 

まとめ

 

オイル交換のタイミング時期をまとめると

  • 一般的には3000キロごとに交換(または半年に1回はオイル交換)
  • 新車/オーバーホール後は1000キロで交換

このような感じでみておくとOKです。

 

 

毎日のようにバイクに乗られる方は距離を目安に、休日だけの方は時期を目安にするとオイル交換のタイミングが分かりやすいと思います。

 

エンジンオイルの役割は、パーツやギアといった金属の摩擦に対しての潤滑油になり、熱の発生を防ぐ事です。オイル交換を怠ってしまうと、エンジントラブルの原因になり、バイクの寿命も短くしてしまいます。

 

定期的にかつ早めにエンジンオイル交換して、大切な愛車を長持ちさせるようにメンテナンスしましょう!!