バイクにローンが残っていた場合でも売ることができるの?

 

バイクをローンで購入している場合、残債が残っている状態では所有権が自分ではなく販売店やローン会社になっているため、売却することが難しい場合があります。

 

もちろんローンを完済してから売るのが一番良いのですが、事情によりどうしてもローンが残っている状態のバイクを売りたいときはどうすれば良いのか、今回はローン残債が残っている状態の売却方法について説明していきます。

 

方法@ ローンを組み替える(残ローンより買取額が低い場合)

 

まず1つは、販売店やローン会社に交渉して、別のローンに組み替えし、返済することで所有権を自身に移す事です。しかしこれは対応してもらえるかも確実では無いですし、かなり手間が掛かるやり方になります。

 

手間を掛けたくない場合は買い取り業者に依頼することをお勧めします。

 

バイク買い取り業者はローンが残っていても買い取りをしてくれますし、ローンの組み替えの手続きや所有権の手続きなど、面倒な一連の手続きを代行してくれるので簡単にバイクを売ることが出来ます。

 

買い取りをする場合、ローン残高よりバイクの買い取り価格が高い場合と、買い取り価格が低い場合で買い取りの流れが違います。

 

方法A 差し引いて買取額を貰う(残ローンより買取額が高い場合)

 

ローン残高よりも買い取り価格が高い場合は非常にシンプルで、そのお金でローンの残りを完済し、差額分を現金や振込にて受け取ることが出来ます。

 

もし、ローン残高よりも買い取り価格が低い場合は、不足分を一括で支払うか、買い取り業者のローンで分割を改に組みなおす事になります。しかし、買い取り業者のローンは金利が高い事が多いので、可能な限り一括で完済することをお勧めします。

 

まとめ

 

結論として、バイクのローンが残っていたとしても、バイクを売却することは出来ます。
買い取り業者を利用すると非常に簡単に手続きする事が出来ますが、買い取り価格よりもローン残債が多い場合は一括で支払うか、再度ローンの組み直しとなってしまいます。

 

全ての買い取り業者がローン残債ありで買い取ってくれるわけでも無いので、事前にしっかり調べてから行動するようにしましょう。