バイクの買い取りと下取りの違い

バイクの買い取りと下取りは何が違うのか?

 

「バイク下取り」と「バイク買い取り」の違いはご存知でしょうか?

 

この2つの違いを簡単に言うと、買い換えの際に新たなバイク代の一部となるのが「下取り」で、バイクの買い換えと関係なしに単純にバイクを売って現金にするのが「買い取り」となります。

 

では下取りと買い取りのことをもう少し詳しくそれぞれのメリットについて説明していきたいと思います。

 

●バイク下取り●

下取りのメリットとしてはその手続きの手軽さがあります。
バイク販売店が親切に対応してくれるので、印鑑などさえあれば簡単に手続きが出来ますし、売ろうとしているバイクも納車日まで乗り続けることもできます。上述の通り、下取りするとその代金はそのまま新たなバイク代の一部として利用できるので、バイクの代替えによるお金の動きも少なく済みます。

 

●バイク買い取り●

買い取りは古いバイクの売却と新たなバイクの購入が別々の流れであるため、お金の動きは下取りと比べ多くなってしまいますが、買い取り業者を自由に選ぶことが出来ます。
そして下取りに比べ、高額査定が付きやすいという点が大きなメリットになります。
買い取り専門業者は販路が多いので、買い取りしたバイクをすぐに売却出来ます。つまり在庫を抱え続けるリスクが少ないので高い価格が付きやすいのです。

 

しかし、買い取りであれば必ず高額査定になるわけではありません。業者も様々で、大手かどうかもあまり関係無く、それぞれの業者に買い取り額に関する特徴があるので、可能であれば複数の買い取り業者に査定をして貰うことをお勧めします。

 

 

 

「下取り」と「買い取り」はどちらが必ずしも良いという訳では無く、それぞれの良さがあるので、バイクを売る時の状況によって自身にとって都合の良い方を選択すると良いと思います。
また、販売店に下取りをお願いする場合も、事前にある程度複数の買い取り業者から査定額を出して貰っておき、大体の市場価格を把握しておくと良いでしょう。