バイク事故車 査定基準 事故車査定

バイク事故車の査定基準・事故車査定の仕組みを紹介

 

バイクで事故していたら、もうボロボロで事故車だし売れないだろうと諦めていませんか?

 

バイクは事故車でも買い取りしてくれる業者もあります。
勿論無事故車と比較して買い取り査定額は低くなりますが、売れないことは全くありません。

 

事故車のバイク買い取り相場は、車種の人気度と事故の損傷具合によって変動してきます。
今回は事故車のバイク買取査定基準について説明していきます。

 

バイク事故車の査定基準

 

バイクの買い取り価格は、車種ごとの基準価格に、状態に応じた加減点が加わることで決定します。

 

つまり車種ごとの基準価格が査定の基準となるので、買い取り相場が高い人気機種であればそれなりに損傷している事故車でも高価買い取りが期待できます。その逆で、あまり人気の無い車種だと元々の基準が低いのでそこまで査定は期待出来ません。

 

そして、事故車の査定減点は損傷の大きさによって変動します。
大きく2つに分類されるのですが、どちらに分類されるかで計算方法が変わってきます。

 

まず、修理して再販可能なバイクは、無事故だった場合の査定価格から、修理費用を差し引いた金額が買い取り価格になります。
もし、事故を起こして近くのバイク屋に修理見積もりを出した際、そのバイクの買い取り相場よりも修理費が高くても諦めないでください。

 

バイク屋と異なり、バイク買取業者は修理の際に業者の利益を考えずに済みますし、独自のネットワークで安く修理出来るので、買い取りして貰える可能性は残っています。

 

もう一つが、修理不能の部品取りベースのバイクですが、この状態のバイクは車種の基準価格はもちろん0円となり、部品としての価値を評価して査定額を出します。
部品買い取りに関しては、業者によってノウハウやネットワークが異なるので査定額が大きく異なってくるケースが多いです。中古部品の需要が高い車種は、修理不能の状態でも高価買い取りの可能性があります。

 

上記の他に、ニコイチといって2台のバイクを使って1台のバイクを組み上げるケースもあります。お互い無事なパーツ同士を使うことで再販出来るのです。これは業者のノウハウや、相方バイクの在庫状況などのタイミングにもよりますが、これを理由に高価買い取りして貰えるケースもあります。

 

まとめ

 

事故をしていてもまだまだバイクを売る可能性は大いにあります。
ただし、事故車バイクは買取する業者により判断が大きく変動しやすいので、なるべく多くの業者に査定を依頼し、しっかり比較する事が重要だということを覚えておきましょう!!