バイクの事故現状車 事故修理車 違い

バイクの事故現状車と事故修理車の違いとは?

 

バイクの買い取り価格は事故車や不動車として判断された場合、大きな減額を受けてしまいます。
バイクは車と異なり、転倒による事故リスクや、乗らない期間が長いとすぐにエンジントラブルが起きたりするので、どうしても売却されるバイクの中での事故車、不動車の割合が高くなってしまいます。

 

ちなみにバイクの事故車には2種類の分類があり、「事故現状車」と「事故修復車」に分けることが出来ます。

 

事故現状車は、事故後破損した部品や傷がそのままの状態になっているバイクを指し、事故修復車は事故による破損後に修理を行ったバイクを指します。

 

事故車を売却する際、事故現状車は概算修理費用がそのまま査定額から減額され、事故修復車はそのバイクの車種や修復状況により、査定額へ影響を及ぼしてきます。

 

であればバイクの事故車を売却しようとする際、修理した方が良いか?悪いのか?
迷うところですが、結論を言ってしまえばわざわざバイクの修理しておく必要は無いように思います。

 

バイクの買い取り業者は自社工場や提携工場などを持っている為、個人が普通にバイク屋で修理するよりも費用を抑えて独自で修理が出来ます。
つまり事故現状車による査定の減額は、個人で依頼した場合に発生する修理費用よりも低くなるケースが多いのです。

 

事故修復車は、一見綺麗に修復出来ていても、何かしら事故を起こした形跡が残っています。
事故修復車の症状で多いのがハンドルストッパーの損傷です。転倒した場合、ハンドルに過度な圧力が掛かる為、ハンドルストッパーに傷跡が残ります。バイクの査定時、業者はここを重点にチェックしてくるので、この部分の損傷があると減点対象となってしまいます。

 

また、車種も大きく査定に影響を及ぼします。峠を攻める、サーキットでスポーツ走行出来る車種は、査定減額が大きく、ハンドルストッパーに軽度の傷があるだけで減点対象になるケースが多いです。逆に原付スクーターや街乗りなど普段使いとして人気の車種は、事故修復車でもフレームやフォークへの影響が無く、走行にも問題無しで外観も綺麗に修理されていれば、査定への影響は少ないです。

 

また、オフロードバイクもフレームやフォークへの影響が無ければ多少の事故修復歴があっても査定への影響は少ないですが、ハーレーなどの高級バイクは、些細な内容でもシビアに減点されるので注意するようにしましょう。

 

以上がバイクの事故現状車と事故修復車の違いと特徴となります。

 

 

まとめ

 

今回は事故現状車と事故修復車の違いについてお伝えしてきました。
簡単に言えば、いずれも事故車で直して乗っているか乗っていないかの違いです。

 

事故車を直したからと言って特別買取額が修理費用以上にあがることはほとんどないので、事故車を売るためにわざわざ直す必要はないように思います。