バイクのマフラーなどのカスタムパーツは純正に戻して売る方がお得!

 

今まで乗っていたバイクを売却するときには、いかに高く売る事が出来るかが大事になってきますね。
高く売る方法には色々ありますが、今回は改造しているバイクの売却時の高く売るための注意点を説明したいと思います。

 

カスタム(改造)しているバイクを高く売るためには?

まず最初に結論から説明しておくと、カスタム(改造)しているバイクに関しては、可能であればカスタムパーツをバラして売った方が手元に戻ってくるお金が増えます。
ケースバイケースではありますが、カスタム車両よりも純正車両の方が一般的に買取評価が高い傾向にあります。

 

カスタムされたバイクを売却して再販しようとする際、どうしても買い手側の好みが出てしまい、たまたまその人にとってストライクゾーンだったら良いのですが、そうでない人もたくさん出てしまいます。
中古バイク市場ではフルノーマルの状態のバイクも需要が高いのでカスタムの有無に関わらず、あまり売却値段が変わらない事が多いです。
ならばカスタムパーツはバラして別々に販売するか、セットにして少し価格を上げて販売した方がトータルで換金できる額が大きくなります。

 

ネットオークションを使って個人出品する際は、カスタマイズした状態の写真をアップしているのに、ノーマル状態に戻して販売しますという形を取ると買い手としては損した気分になる可能性もあるので、最初からノーマル状態の写真をアップして出品することをお勧めします。

 

注意点としては、改造して乗っていたかなどの質問に対しては正直に答える事です。整備が出来る人であれば簡単に見抜けるので下手にごまかすと自身の評価を下げるだけにしかなりません。
それでも最初から商品説明欄に、社外品を付けてカスタマイズしていた事を明記する必要性は無いと思います。

 

ETCやバイクカバーなどあれば皆が喜ぶようなものであればオプションとして追加料金を頂くなどして販売するのはアリです。そこはしっかり明記して少しでも高く売れるようにしましょう。

 

パーツのみを売却する際は、通常のショップよりネットオークションの方が高く売れやすいです。
価値観が合う人やマニアックな人と直接やり取りが出来ますので積極的に活用していくと良いと思います。

 

せっかく売るなら少しでも高く売れるに越したことは無いので、工夫をして売っていきましょう。